2018年3月19日月曜日

離島生活一年が終わります。

 今週末で、長崎上五島での一年の研修が終わります。
外科系コースということで、外科の手術、特に術中麻酔を中心に一年間過ごしました。
今まで10年間の生活とまた、異なっていて慣れるのにも初期研修医のときのように大変だったように思います。
 指導して下さった先生方、看護師の皆様、本当にありがとうございました。
いろいろな取り組みが手探りの中での一年間だったので、研修先の病院としてはいろいろな点で大変だったと思いますが、わがままばかりさせてもらってありがとうございます。

 その中で、有川医療センター、奈良尾医療センターという二つの診療所にも定期的に外来や健診業務に行かせていただき、前任地のときと似たような雰囲気の中で仕事もさせていただきました。診療所横のきれいな海に毎週癒されて、元気をもらい、

樹齢650年のあこうの木も最後に見に行くことが出来ました。
奈良尾医療センターに行くときはなぜか、いつも天気が良かったです。



それぞれの土地や、患者さんとの対話の中から、地域の歴史や栄えた時代、衰退していく中での葛藤を感じながらの仕事はとても勉強になりました。
4月からも国を超えてですが、文化を感じながら勉強してきたいと思います。



2018年3月8日木曜日

オーストラリア短期留学研修④

①なぜオーストラリアか?  
②英語について
③日々の診療について
④手続きなど
⑤実際の旅費など
⑥行程など
⑦日本に戻ってきてからやりたいこと(目標)

今回は、④手続きについて
1期生ということもあって、いろいろと手続きが大変です。(現在進行形)
バタバタしています。
私自身はobservationで行くことになったので(英語IELTS 7.0 以上は無理でした)

12月に始まったインターネット面接:オーストラリアの窓口となる医師と生活面のサポートをしてくれる人と

【その後の書類たち】
CV、質問事項への返答、Blue cardと呼ばれる州へ提出する書類
推薦状 criminal history check

医師免許証(英語版)→厚生労働局へ申請1ヶ月かかる
大学卒業証明証(英語版)→大学へ申請1週間で届く

【確認事項】
 VISA
 accommodation(宿泊先)→交渉の末、病院側が用意して下さったところへ家族で入れそうです。これも、1ヶ月ごとの移動なので、なかなか住むところを借りるのが難しいです。
 
 レンタカーが必要かどうか
  →家族で移動するため、必要(3週間ごとに3地域の病院を研修させてもらうためさらに移動に必要そう)これが、一番やっかいです。3ヶ月なので、微妙に高い。そして、中古車を購入して、出国するときに売ってくるという方法もあるようですが、手続きが時間かかりそう。ということで今一番の悩みどころです。

なんとか、4月に間に合いそうです。あと3週間ちょっとですが、
病院での仕事、研修をしっかりやりきりながら準備を進めていきたいです。


もう春がやってきそうです。1年前の空に似てきました

 
  


医者の本音 (SB新書) 中山裕次郎先生

久しぶりに医師の書いた本を読みました。 医師としての経験年数が近いことや、医局に属さずに経験をつんできた似たような境遇から、共感する部分がとても多かったです。 いろいろなメディアを使って、医療者以外の人に対してもっと医療者の現実を知ってもらうことは大切だと思います。  医...