2018年1月20日土曜日

オーストラリア短期留学研修③

日常診療(離島での)については、以前にまとめたものがありますので
まずはそちらを参考に→離島生活折り返し

外来
・診療所での総合診療外来
→定期外来の患者様(慢性期疾患)、発熱、腹痛、腰痛、膝痛などなど子供も含めて診察指せてもらいました。健診業務も行うので上部消化管検査も行っていました。
・病院での総合診療科外来
→診療所+GADも含む診療内科的な患者様など(内科寄り)
・整形外科外来
→新患患者様を診させて頂きました(腰痛・膝痛・肩痛などなど)
・救急外来
→救急対応から入院が必要な患者様は可能な限り入院後も診させて頂いていました。
 肺炎・尿路感染症(DJステント留置が必要なケースも含める)・脳卒中(脳梗塞・脳出血)・心不全・外傷・腰椎/胸椎圧迫骨折
 消化管穿孔・胆管炎/胆嚢炎・虫垂炎・鼡径ヘルニア・腸閉塞etc

こんな感じで、外科所属ですが、総合診療的にいろいろとさせていただきました。入院患者様も自分が担当する患者様はどちらかというと内科系の患者様が多いような気もします。
 ドクヘリ搬送(自分の担当となった方は2人)
 合わせて、術中麻酔をさせていただいた

今までの自分の経験が活かして、かついろいろ継続して経験させていただけたことに感謝しています。
 
・その他
  接した研修医や医学生さんとはjournal clubをしたり、一緒に症例を振り返って勉強したりしていました。
  朝のインターネット勉強会参加(札幌医科大学地域医療総合医学講座)

こんな感じでしょうか。
本当にいつも毎日悩んでいた(いる)ことは、
 地域によって、医療提供がさまざま
ということ
ひとくくりに「離島・へき地」といっても同じくくりには出来ない点がたくさんある。

また、今後10年先、20年先を見据えたときに、全体としてどのような医療体制がその地域に住む方にも、医療者にとってもHappyなのか。

 その答えの一つにオーストラリアのrural general practitioner があるのかもしれないと
思っています。


0 件のコメント:

コメントを投稿

子供を見ていて思うこと

子供を見ていて、思うこと 好きなものは、なんでもすぐに覚える 車のメーカー、国旗、ゲームの武器名 (漢字でも、英語でもすぐ)  国名に関しては、○○諸島とか、オセアニアの諸国まで(そんなの知らなかったというものまで) ...