2017年11月25日土曜日

へき地 離島で働くうえで大切なこと①

自分が、いままでいろいろな地域(鹿児島の離島、沖縄の離島、北海道のへき地、現在長崎の離島)で働いてきた上で共通して

「大切」だったなーと思うことをあげてみようと思います。

今日は、まず

「言葉」

でしょうか。いわゆる方言ですね。どの地域に行っても方言があります。
特に、離島や東北地域は言葉がわからないときがあります。

それでも、外来をする上で、ちょっとしたニュアンスがその「word」でないと
伝わらないことがあります。

特に、「痛み」の表現と「解剖学的場所」の表現

は、外来をする上でとても大切です。

にやにやする
ふんじゃかぶ けんぴき

こわい しくしくする 
あめりかにいったわ

ひやい

などなど。

なるべく、新任地に行った際には、エクセルなどにまとめてみるといいかもしれません。
私たちがその表現を上手に使いこなせると、患者さんとの距離感もグッと近くなり、
患者さんも現病歴を上手に伝えてくれます。

次回は大切なこと②へ
海がとてもきれいです☆



0 件のコメント:

コメントを投稿

Emeraldへの移動

 5月5日にStanthorpeを出発。  オーストラリアでの最初の3週間の滞在ではいろいろなことが不慣れでした。言葉は当然のことながら、買い物、スケールの違い、病院に関しては、治療方針、患者マネージメント方法、治療で使用する薬剤の違い(疼痛コントロールについてや抗生剤の選択...