2016年5月14日土曜日

やっと頭と身体が一致してきました。

2週続けて週末は、神奈川に来ています。
遊びだといいのですが、
ACLSとBLSのインストラクターをするためです。(救急蘇生法の標準コースのこと)
 移動は、今回から飛行機から北海道新幹線へ変更。乗り換えが1回(東京駅のみ)・木古内から車で1時間で帰ってこれること。だいぶラクです。

 本当に北海道新幹線は道南の人、特に松前の人にとっては、とても有効な移動手段だと感じます。

 最近、入院患者さんも安定していて少なく、あまり勉強に集中できていなかったですが、いろいろとタスク終了したので、気持ちもホッとしています。
 本州への移動も来月(プライマリケア連合学会での発表)までないので、ちょっと松前でゆっくりできるでしょうか。釣りにも行ってないし。

 地域医療はいつも綱渡り。これは日々訴えていることですが、いつ綱が切れるのか。どうしたら、綱が補強されるのか。公立病院は赤字でもいいのか?ちなみに当院は、今年も何とか黒字でした。

 新しいことを使用とすると反対する人がいる。いいことです。議論をして、いいものを作っていくのであれば。ただし、現状維持は、後退です。常に時代にあった体制を作らないと。

 行政のかた、町民のみなさま、いつも意識してて下さいね。何が起きても知りませんよ。
 働きやすい環境、その地域に必要な病院を作るために頑張っていきたいと思っていますが、その頑張りや行動を評価されないのであれば、次の行動に移すしかないかもしれませんね。
 限られた人生。責任を持って、自由に。

0 件のコメント:

コメントを投稿