2016年4月6日水曜日

地域医療の醍醐味


特に田舎だからというわけではないと思いますが。
と前置きをした上で話を進めます。

3年、みっちりと同じ場所で働いたのは初めてです。
前の病院で後期研修をしているときでも、一年に何ヶ月かは外の病院に研修に行ったりしていました。
そのため、自分で年単位で患者さんを診させてもらうということはなかったです。
また、その患者さんの家族も診察させていただくということもなかったです。

 ここでは、患者さんの近所の方からも情報を提供していただくことがあります。
定期受診になかなか来ないなーなんて思っていると、

「最近、○○さん元気に畑始めてるよー」

とか。

 あの人大丈夫かな。最近受診されていないけどと思っていると、

「函館に搬送になって、△日に亡くなったんだ。先生には伝えないといけないと思ったから。」

とか。

 うれしさと辛さと両方が入り交じって涙が出ます。

1年以上のお付き合いの方、毎月、外来で10分程度のお話かもしれません。
totalで10分×15回=150分+入院の時間 etc

ほんのわずかな時間しか共有出来ていないんです。

でも、とても大切な人とお別れしたような気持ちです。

忘れることなく、これからも医療に邁進したいと思います。



0 件のコメント:

コメントを投稿