2016年3月27日日曜日

国家試験合格発表

医学生、研修医進路相談室

blogを始めて、1日の仕事の終わりや朝早く起きた時、休日にいろいろとネタを考えてみますが、10年の間にたくさんの学生さんや研修医の先生たちから受けた質問を思い出します。
 顔も思い出しながら、忘れないように文章に起こしています。
まだまだ、いっぱいありますが少しずつupしていこうと思います。

国家試験も発表されて、
「合格しました!4月からは医師として、研修がんばります!」

というメールを見学に来られていた学生さんからもいただきました。

わずかな期間しか一緒にいなかった子からもこのように連絡をいただけると
とても嬉しいです。
 彼はとても努力家でしたし芯に持っているものは、

「将来、絶対北海道の医療に貢献したい」

という熱い気持ち。

 その思いがあるのであれば、今、一旦北海道から出て、いろいろ学び経験し、吸収していく中で外から見た北海道のいいところ、そうでないところを見てみるほうがいいよ。
とアドバイスしました。中だけでは見えないところがあると思います。離れている間は北海道の医療に貢献できていないかもしれないとジレンマもあるかもしれませんが、そんなことはないです。自分が大きく成長して、北海道に戻れば結果的には離れていた期間の穴埋めを十分できるぐらいに貢献できると思います。
(私自身への思いも重ねてしまっていますが、そのように思っています。)

国家試験に合格したみなさん、「いいお医者さん」になってください。
そして、地域で働くってどんなことだろうと興味や疑問を持った人はぜひ当院へ見学に来てみてください。

国家試験に合格できなかったみなさん、「必ず、来年合格」してください。
今は、とても落ち込んでいるかもしれませんが、来年受けるチャンスがなくなったわけではありません。
   「命を取られたわけではありません。」
生きている限り、なんとでもチャンスは作れます。1年はあっという間です。落ち込んでいる時間はありません。もう来年の試験までの時間は刻々と短くなっています。
毎日少しずつ前進するためにも勉強してください。この一年が長い将来で無駄にならないよう頑張って下さい!

みなさまへの「マル◎」


0 件のコメント:

コメントを投稿