2015年12月21日月曜日

もう年末

松前で迎える3回目のお正月がやってきます。

今年は雪があまり降らずに冬気分もあまりありません。
あるとあるで、「嫌だなー」と思いますが、
ないとないで、「寂しい」気持ちです。

11月・12月とあっという間に過ぎました。それこそ「師走」です。

10月の救急医学会が終わってからが早かったです。

自分が発表した内容で自分の中で踏ん切りがついたのでしょう。

地域で働くから、とか、
都会で働くから、とか、

場所は関係ない。

そのそれぞれの地域に合わせた形(ニーズ)で、働くことが大切だと。

一応のアイデンティティは、救急専門医

それはそれ。

毎月来られる外来患者様の、畑の話や漁の話を聞きながら、診察をするのも好き
急変で運ばれる患者様に適した治療を行い、適したタイミングで適した病院選定をして
搬送するのも好き
患者様の希望で当院での看取りをすることのサポートも好き

何でもいいのではないかと思います。
その地域で必要とされる形にfitすることが大切

研修に来られている先生や学生さんたちに
これも医師の仕事であることが伝わればと思います。

【伝え方】
はとても難しいですが、感じる方々に少しでも印象が残ればと思います。


12月にしたこと

 医学雑誌の原稿提出
 鑑別シリーズ作成中

 
 コンスタントにしていること
 journal club
 学生・研修医へのエコー シミュレーション
 ドクターヘリ業務

2 件のコメント:

  1. お疲れさまです。
    今年もあとわずかですが、人の体調や生死は年末年始は関係ありませんものね。
    当方は、基本仕事中毒なので年末年始も仕事しておりますが、
    また仕事先での「帰省した若者との再会」というお年玉が待っていますので、
    楽しみにしています。
    マイライフの軸。大事ですよね。
    急に寒くなり、体調管理も大変かと思いますが、どうぞご自愛くださいませ。

    返信削除
  2. ラビット様
    お疲れ様です。年末年始の「お年玉」幸せですね。
    長く同じ場所で待っててくれる人がいて、集まれる場所があるというのは、本当に幸せなことだと思います。
    お体、大切にされてください!

    返信削除