2015年11月8日日曜日

ドクターヘリ運用で思うこと

松前病院は、転院搬送を函館によく行います。

心筋梗塞、大動脈解離、脳梗塞、脳出血、くも膜下出血etc

そのツールとして、救急車での搬送、ドクターヘリでの搬送と選択肢が2月から増えました。
当院では、私がフライトドクターをしているということもあって、ヘリを呼ぶ側・呼ばれる側の両方の事情が院内に情報共有されています。

そのため、利用頻度も適応もある程度ぶれていないと自負しています。

これは、どこの地域でも同じだと思いますが、救急隊だけが頑張っても、救急医や救命センターの医師だけが頑張ってもなかなかうまくいきません。

ヘリを利用する側はどのようにすればいいのかわからないですから。

カバーする医療圏の病院やクリニックにもっと情報共有をしないと、いろいろな場面でのタイムロスをしてしまいます。

 せっかく、救急車では実現不可能な搬送時間を可能とすることが出来て、適したタイミングで適した治療を行うことが出来る可能性を秘めているツールですから。

もうそろそろ道南ドクターヘリが就航して1年が経ちます。
ある以上は、すばらしい搬送ツールの一つとしてもっと改善していければと思います。
全てはコミュニケーションだと思いますが。

0 件のコメント:

コメントを投稿