2015年9月7日月曜日

夏、また来年

北海道の短い夏が終わりました!
あっという間です。
少しまとめると、

 帰省
 仲良し三家族でのキャンプ
 町の花火大会
 一年に一度の感謝祭(家の前でのBBQ+流しそうめんetc)

家族での時間を過ごすことが多かった8月です。
とはいえ、仕事も当然。こちらも振り返りです。

  
 施設職員対象勉強会
 無事終わり、参加者の方も毎回増えています。90名を超える参加者です。ありがたいことです。この勉強会も今年は少しずつ看護師さんと役場職員さんに仕事の中心をスイッチしていき、自分は裏方に回りつつあります。地元の方が盛り上げていくことが目標です。

 研修医の先生方ともjournalをきっちり2本/月 読む
これもできました。合わせて、プライマリケアカンファレンス(インターネットでの勉強会)でも、journal clubをさせていただき、BLS(Basic life support)の有効性について発表しました。AEDだけでなく、しっかり胸骨圧迫(心臓マッサージ)しましょうね。

 ドクターヘリ関連
 一月に一回のペースで函館空港での待機をする道南ドクターヘリの仕事。
幸か不幸か、私が待機の時は要請がかからなかったり、天候不良で飛べなかったりとまだフライトがありません・・・ま、昔から勤務中にあまり大荒れすることはなかったので、やはり引かない医師なのでしょう。気長に待ちます。(松前からの搬送はたくさんアシストしてるんですけどね・・・)

 救急医学会発表決定
 10月に東京で行われる救急医学会での発表OKの通知が来ました。
松前にいながら発表出来ることあまりないかと考えていましたが、たまたま出くわした症例報告とあえて
 「地域で働く北米型ER研修を終えた医師について」
を発表します。これは、ここで2年間やってきたことを総まとめにした発表になると思います。地域の救急医療の質向上、学生、研修医への教育、地域連携etcまた、専門医を維持するためにどのようなことが必要かを都会で働いておられる先生方に訴えてみようと思います。

 将来についても岐路です。来年どのように過ごしましょうか・・・


カブトムシを捕まえたコテージ


0 件のコメント:

コメントを投稿