2015年6月14日日曜日

勉強の仕方を学ぶ

6月に入って、先週は初期研修の先生が3人も重なるというなかなか大変な一週間でした。
スタッフが少ない(7人)中、3人の研修医+学生1名を対応するというのは、相手のニーズを満たしているのか。いつも考えます。

 こちらが教えたいことをただ、押し進めるだけではかれらのモチベーションも上がりません。かといって、彼らがここでやりたいことを見つける、または目標設定のお手伝いは私たちがやらないと、
 ここで何が出来るのか?
わからないまま2週間、また4週間が過ぎてしまいます。
また、最近よく感じるのは、
「医学生○○年」だから、ここまで
とか
「初期研修医1年目または、2年目」だから、ここまではできないといけない
とか
このような議論はダメということ

個人によってバックグラウンドが異なり、また、医師になるということは決まっていてもどのような医師になりたいかはそれぞれ異なるのであって、それぞれのニーズに合わせることが大切。

ここに来る前から高い志を持っている学生さんや初期研修医の方もいます。また、そこまでしっかりとした気持ちを持っていない人も当然います。
でも、それは今までの出会いの数や出会った人によって違っていて当然です。

 高い志を持っている人は、私たちが何もしなくても積極的に知識や技術を学びます。
少し、勉強の仕方やコツを教えるだけです。

 そうでない人は、それぞれにあわせて、「モチベーションを如何に高めるお手伝いが出来るか。」 それに尽きると最近感じます。いままでは無意識でしたが・・・

   「小さな自信を持ってもらうこと」
   「少しずつ課題を与えること」
   「将来の自分をイメージしてもらうこと」
etc
いろいろなきっかけで、「モチベーションが高まっていく」のを見るのがたのしいです。

自分自身の成長(知識、勉強etc)もさることながら、学生、初期研修医の先生がたが1ヶ月の間でも成長していくのを見るのが楽しみです。

さて、今月末はドクターヘリ勤務が久しぶりにあたっています。自分も気を引き締めて頑張りましょう。
特定健診をした茂草地域の一コマ
やっと畑のナスが花咲きました!

最近、iphoneで接眼写メしています。



0 件のコメント:

コメントを投稿