2014年9月29日月曜日

スイスチーズモデル 第5回松前QQ勉強会

 今回はあいだを空けずに書けそうです。
地域医療の充実とはどのようなものを意味するのか思案しながら毎日過ごしています。

9月26日(金)に
 「第5回松前QQ(救急)勉強会」
を院内で開催しました。
 今回はあるケースから浮き上がった当院内での問題点と、救急隊とのコミュニケーションツールの問題点についてそれぞれの立場で意見交換をし、改善点を見つけるという内容でした。

 病院内で問題点が生じるときにシステムエラーを考える上で、
「スイスチーズモデル」
 (マンチェスター大学心理学部教授ジェームス・リーズン(James Reason))

というものがよく引用されます。今回、私も引用させていただきました。
問題とは、一つ一つのエラーをくぐり抜けて、生じてしまうこと

 今回の当院での症例を通じて、
 ①院内の改善点:救急隊からの連絡を受ける際の救急連絡シートの見直し。
         院内統一での使用。
 ②救急隊の改善点:病院のシートにリンクするような形のシートを作成

このようにできるのは、この救急隊が搬送する先は現時点、当院のみであることから可能となりました。また、この改善点が来年2月から運用される道南ドクターヘリにも直結して活用されそうです。
 
 お互いが問題認識をして改善策を見つけていく
→それをまた検討して再度問題点の抽出→改善策をみつける

これらの繰り返しが出来ていければとてもいい医療チームが作れる!と感じました。

また、普段当院には救急搬送されない地域の救急隊の方からも
「今回初めて参加したけど、フランクに和気藹々と話ができて、とても有意義でした。」
とコメント頂きました。

この勉強会を開催し始めて約一年。
蒔いた種が少しずつ芽を出し始めてきました。

病院と救急隊を結ぶ

ひとつの目標に向かってこの勉強会は継続していきます。

松前の町民のみなさまへ
 こうやってこの町の救急体制はすこしずつ一歩ずつ前進しています。安心して過ごして頂けるようこれからも頑張っていきます。

0 件のコメント:

コメントを投稿