2014年8月15日金曜日

江差町長のいい一言

となりのとなり町、江差町は最近話題となっています。

全国で一番若い町長が誕生したからです。
元新聞記者の29歳 照井誉之介(よのすけ)さん

横浜出身なのに
仕事の関係で江差町といろいろな関わりを持ち、今回出馬されたそうです。

不思議なのは、この地元にゆかりのない彼が何故、地域社会で町長に選出されたか。
投票率約80%
その半分の票2896票を獲得

おそらく地元の有力者、有権者はたくさんおられたのでしょうか、それでも彼が票を集めた。
 その理由や町の背景はどうだったのでしょうか。
メディアに取りだたされていない様々な理由があるのでしょう。

彼の就任コメントがとても印象的でしたので紹介したいと思います。
役場職員に対して、

「上司のためでなく、町長のためでなく、

 町民のために仕事をしていきましょう」


といった内容だったと思います(後半部分はうる覚えです)。

このようなコメントが出ること自体、現状がいかにあるのかと想像されます。

町民の意志が反映された町長選だったのでしょう。

ここ松前町はどのようになっていくのでしょうか。
去年の騒動を皆様が忘れなければ、いろいろな動きが出てもおかしくないと思うのですが。
 9月に定例議会があります。何人の人が議会に興味を示して傍聴されるのか。それがこの町の「今」を表すのだと思います。



0 件のコメント:

コメントを投稿