2014年4月10日木曜日

一年が経ちました。

北海道、松前に来て一年が経ちました。
とても早い一年でした。年を重ねているから一年が短く感じるのか、充実していたから一年がとても早く感じたのか。
 患者さんからも、「まづまえのこどば(松前の言葉)、わがるようになったべか?(わかるようになったのか)」といわれ、
 「んだ、んだ。すごしわかるようになったぁ。」
と答えられるようになってきました。

一年で一番大きいのは、やはり「言葉」でしょうか。

地域で生活するにやはりその土地の言葉がわからないとどうも、物事が素早く進みません。特に、外来診療ではそうです。
 「けんぴき、やんでやんで!」→「肩甲骨の内側が痛くて痛くて!」
 「へんじゃかぶ、やんで。」→「膝が痛くて。」
 「腹やんでつづらごかと思うんだけど」→「腹がいたくて、帯状疱疹かと思うんだけど」
 などなど。
たくさん「言葉」を学びました。
 
まだまだですが、これからも一年頑張りますか。



3月で研修を終えた初期研修医の先生と。頑張ってねー

5 件のコメント:

  1. 初めまして、滋賀県の医師不足に苦しむ某自治体病院に勤務しています理学療法士です。「松前町立病院」で検索してブログを拝見しました。良い地域医療は良い地域づくりの核と思って日々の業務に携わっています。是非滋賀県に帰ってこられた際には地域医療のリーダーとしてコメディカルにもご指導お願いいたします。またブログ拝見します。

    返信削除
  2. コメントありがとうございます。私自身、滋賀県の地域(田舎)で自由に育ててもらい感謝しております。地域医療が地域づくりの核という意見、とても同感します。ぜひ、滋賀県でお会いしたいです。私にもご指導のほどよろしくお願いします。滋賀県がひとつになって地域医療を支え、大学や三次医療機関が専門分野に集中できるようなシステムを作りたいですね。

    返信削除
  3. ありがとうございます。ぜひ滋賀県でお会いしたいです。先日「こくほ四方山話」という本を読み、当然ならがも改めて鍵になる医師がいないと地域医療は機能しないと感じました。またFBも覗かせていただきます。

    返信削除
  4. 再度、コメントありがとうございます。残念ながらFBはしておりませんので、このblogだけで見守って下さい。また、ご意見などありましたら、コメントをいただけると幸いです。こちらも、ほそぼそとblogを続ける糧となりますので笑

    返信削除
  5. 以前の投稿を途中まで拝見してFBもされているんだなと勘違いしました。失礼しました。またblog覗かせていただきます。

    返信削除