2014年3月15日土曜日

砂川市立病院に行ってきました。

行ってきました!砂川市立病院。
松前病院と交流があり、昨年5月から砂川市立病院から初期研修医の地域研修の場として松前病院が選ばれています。
 日常のことが評価されてか、松前病院は初期研修医から人気のようです笑
(松前に行ったら、アワビやウニが食べられる!イカもおいしいらしい!という噂が出回っているようです。)たしかに、動機は何であっても、松前に来てくれて、いろいろと地域医療のことを学んでくれて後輩たちに伝えてくれていることは、とても嬉しいことです。
 ですので、昨年いろいろとお世話になったかたがた、また、今年度もいろいろなところから研修医がきますが、一緒におもてなししてあげて下さい笑

さて、砂川に行ったのは、松前に来てくれた研修医からjournal clubの開催を砂川でもやりたい(やっている)のだけど、どうもうまくいかない。コツを教えてほしいとのことで、行かせていただきました。もともと湘南鎌倉で一緒に研修をしてきた同期や先輩、後輩からすると、「え?あんたが?」と思うかもしれません。
 本当に、論文を読むことが得意ではなかったのです。でも、後期研修最後の一年間と松前に来てほそぼそといろいろなところから来る研修医と論文の読み方について一緒に勉強をして少しずつ慣れてきたのかなというところです。診療や知識についてもそうですが、僕は同期から約一年遅れなのかもしれません。あのとき、同期のI村が言ってたなーということが今になってわかるというか...恥ずかしながら、要領が悪いのでしょう。
 講義では初期研修医、1年目、2年目の先生を対象に
1.論文を何故読むのか?
2.読む価値のある論文なのか?
3.骨組みは?
4.明日からの日常診療に役立てそうか?

これらについて説明しながら、ひとつ、論文を読むことにしました。15人ほどを対象にこのような講義をするのは初めての試みでしたのでどうなるかと思いましたが、普段通り、一人一人の理解度を確認して適した質問をするということでそれぞれの満足度はあったようです。
 また、懇親会も用意して下さり、今までそれぞれ一人ずつ、または2人でしかこれなかった砂川市立病院の研修医たちと一同に会えて、それぞれの成長を見せていただいたことがとても刺激的でした。そして来年度松前に来る予定の一年生たちと会えたこともhappyでした。
 湘南鎌倉での研修はどうでしたか?湘南鎌倉の研修医と比べて砂川の研修医はどうですか?
 こんな質問もでました。
答えは簡単。「やる気がある点で変わりはないよ。違いがあるとしたら、教育の環境(24時間ERDrがいて、指導することや後期研修医レベルの医師が総合内科、外科にいることで屋根瓦式がしっかりしている)や、絶対的患者数の違い(特に救急)しかないよ」
 やる気やハングリーさは変わりありません。それをどう伸ばすか?それは環境や指導医の考えるところだと思います。
 逆に言えば、湘南鎌倉の研修医たち。頑張って下さい!北の大地からも、比較対象とされていますよ。噂に恥じないよう、有名病院で研修しているから偉いんだ!というような変な気持ちを持たず、がむしゃらに貪欲に勉強して、for the patientの気持ちを培って下さい。卒業生として応援しています。そして、top leadingであってほしいと思っています。
 
 今は、帰りの電車の中。同じ道内といえ、距離感半端ないです。移動時間8時間。本一冊どころでなく読み切ります笑
 ゆっくり寝ようかと思います。

 
 

0 件のコメント:

コメントを投稿