2014年3月31日月曜日

第3回介護職員対象勉強会@松前町

今回は、場所を松前町役場の議場をお借りして行いました。
「認知症について」
というテーマであったためか、保脇先生の人気のためか、多数の方に参加していただきました。ありがとうございました。
 とてもテーマが広いため、今回は入門編でした。
「キュア(治療)よりもケア(介護)がとても大切である」

とても、身にしみる言葉でした。会場からも色々と質問をいただき、私たち医療者側も勉強になりました。
 アンケートのコメントでは、
「身近な医療者の講義なので、同じ地域の人を対象としていて親近感があって良かった。また、具体的な受診方法についても聞けるので良かった」

など、地域ならではのご意見もいただきました。
今後も継続して開催していきたいと思います。

次回は、当院看護師による「排泄について」 5月頃予定としています。
皆さんお時間のある方はご参加下さい!

皆さん熱心です!

会場からの質問に真剣に答えようとする保脇Dr

0 件のコメント:

コメントを投稿

医者の本音 (SB新書) 中山裕次郎先生

久しぶりに医師の書いた本を読みました。 医師としての経験年数が近いことや、医局に属さずに経験をつんできた似たような境遇から、共感する部分がとても多かったです。 いろいろなメディアを使って、医療者以外の人に対してもっと医療者の現実を知ってもらうことは大切だと思います。  医...