2013年10月24日木曜日

明日、松前町臨時議会が開かれます。

一部新聞で報道されているように、今回の一連のことで、明日、25日に町は、臨時議会を開催します。内容は、町長からの発案で
「今まで、否定し続けていた議案を再度通す。」という内容です。

あわせて、月40万円が高いと言っていたはずなのに、なぜか

「上限50万まで」

という金額での交渉も入っているようです。

なぜなんでしょうか??????

今まで、さんざん金額について議員さんは
「高い! 公務員は引退した後は20万が上限だ!」
と言っていたはずなのに。そんな議案が通るのでしょうか。

院長は、辞表を出した身。特に今回のこともノータッチです。
あくまでも町長が提出した案です。

金額は今回の問題の焦点ではないはずなのに。

院長は、議員さんにも6月、9月の定例議会で金額が問題ではないこと、純粋に病院のため、松前町のために必要な人材確保のための条例を通そうとしていることを話そうとしていたのに、一度も話す機会を与えてもらえなかったのです。(病院運営管理者として、議会に参加して、発言権を求めたのにもかかわらず、議長や委員長から当ててもらえず。)

「働き分に対して、相応の金額を認めていただきたい。来年度以降については、町長と話し合って、また決算も参考にして協議していきます。」
と述べているのみです。

今回のこと、金額が問題ではない。

昨年の9月以降からずっと、優秀な人材を確保し、安定した病院運営、町の医療のためにどうするべきかと院長から、町長、議会へ何度も足を運んでいたのに、取り合ってもらえず、この定例議会の結果です。それまでに、道庁が間に入って、町と院長の間で「覚書」を結んだはずなのに、それも守ってもらえず、この結果です。

 それが、この臨時議会の開催。

しかも、9月の定例議会では、「6月に出した案と同じものは通せません」とひたすらに言っていたにもかかわらず、ほぼ同じ内容のものを、決議するそうです。

明日が見物です。

ただ、その結果がどうであれ、あくまでもうわべだけのような気がするのは私だけでしょうか。

0 件のコメント:

コメントを投稿