2013年10月30日水曜日

ACLS@湘南鎌倉総合病院&松前病院のその後

先週末10月26日27日と、古巣の湘南鎌倉総合病院でAHAのACLSプロバイダーコースがありました。
絶え間ない胸骨圧迫中☆★


ひさしぶりのインストラクターとして、参加してきました。
15人の参加者を前に講義。
2日間を通して、成長していく受講者の皆さんを見て、こっちも頑張ろうと元気をもらいました。
 
 インストラクターの皆さんには、
「北海道はどう?松前は食べ物がおいしいんじゃない??」
「なんか、情報入っているけど、大丈夫?」
など、色々とご心配をかけていただきました。

新聞でも取り上げられていない、今までの経緯について説明をして、

「それなら、医者が多数辞めるのもわかるね。」

と。

10月25日に行われた臨時議会では、今までとほぼ同じ内容の議案が町長より提出され、議論されることなく、「異議なし!」
ってことで、全員一致の賛成
案が通りました。


そして、11月の広報「まつまえ」では、
25日の議会についての報告がなされていました。また、今までの松前病院改革プランの公表なども載っていました。

こんなこと、いまさら??と思ってしまいます。

そんなこと、前からわかってたことじゃないですか?

また、なんで、同じ内容の議案が通ったのでしょうか?
傍聴してきたのでわかりますが、

さんざん反対して、議会の中では

「こんな決算をだして、色々と問題があるのに、院長が再雇用しようとしている人(元事務長)が、再雇用となって、今後も松前町の名前が入った名刺を他の市町村で配ることが恥ずかしいと思いませんか?私は絶対認めません。」

なんて言っていた人が、議論もなしに、反対から180度賛成に回るのですか?
じゃ、なんで今まで反対してきたのでしょうか?



現在院長はオーストラリアで、学会発表中。日本の地域医療を世界に発信中です。

帰町されたら、何かが変わるのか。

もっとたくさんの人に真実を知ってもらいたいです。
羽田空港での一コマ





0 件のコメント:

コメントを投稿