2013年5月7日火曜日

仕事始まって以来、初ゆっくりGW☆

仕事を始めて今年で7回目のGWです。
学生の時は、地元の祭りに参加できれば、とても幸せでした。

仕事を始めてからは、
「連休」=「他の病院がお休み」=「ERは通常より忙しい」→「休めない」

ため、ゆっくりとしたGWを過ごしたことが記憶になかったです。

今年は、ゆっくりと過ごすことが出来ました。
(少し病棟回診をしてから出かけたためスタートは遅れましたが・・・)

北海道の最も南に位置する「松前」から、出発して、海岸をずっと車で北上していきました。

目標は小樽です。

その前に神恵内(かもえない)という村にも宿泊でした。
海岸沿いは、本当に何もないんです。点々と集落があるのみ。

おそらく北海道のほとんどの地域は同様なんでしょうが、休みといっても気になる
「病院」
の存在。

 診療所が少しありましたが、医療としては、やはり過疎だ・・・。
本当に、病院が近くにあるというのは、恵まれているのだと感じました。

神恵内、直近でお宿の予約をお願いしたのですが、「OK」
食べきれないほどの魚介類が出てきました。
小樽まで行かなくてもいいんじゃないか?!というほど。

小樽は、まだとても寒かったですが、道を歩くと
標準語、関西弁、様々な言葉が耳に入ってきます。年中観光の街なんだなーと再確認します。
 悲しいことに小樽のホテルで、夜中あまり起きない僕が目を覚ましたのは
  「救急車」のサイレン
のためでした・・・・
 
 今まで、鎌倉ではほぼ毎日40〜50台のサイレンを耳にしていたけど、松前に来たら、
2日に一度程度。体がびっくりしたんでしょう。

さて、5月は砂川市立病院と横浜市大附属病院の研修医が1ヶ月間地域医療の研修で来られるようです。
 一緒に勉強していきますか−。
なぜか、道中に江ノ島?

小樽の寿司☆

小樽運河

帰りは羊蹄山をbackに






0 件のコメント:

コメントを投稿