2013年2月15日金曜日

人生60年

以前にも、ここで書いたかもしれませんが、私は、人生60年で終わると思っています。

日本がたまたま、長寿国なため、みんなが、80歳ぐらいまで生きると思っている節があると思いますが、外国を見れば(後進国)、平均寿命は55歳だったりします。

 後輩と話をしていて、
「将来50歳になったときに、どんな人になっていたい?それがイメージできれば、今何をしたいか、何を学びたいか見えると思うんだけど。」

ということを言いました。
 私は、
「60歳まで、あと30年もない。そのときまでに、これとあれとは絶対にしたい!」

というと、
「60歳で、医師をやめるんですか?」「大学病院とかだと、10年以上の経験を積んでから、一人前になってから地域に行くことが普通じゃないですか?怖くないですか?」

という返事。

そもそも、60歳まで生きてるかわからないのに、60歳を超えてまで医師をしているかなんて想像もしていない。もし、生きてて「医業」が楽しいと思っていれば続けるだろう。

 あと、「一人前」というのも、何を持って一人前と言えるのだろうか。
外科の場合は、一人で手術がある程度出来ると言うものはあるかもしれないが、そうじゃなければ、いつまでたっても研鑽するもので、どのタイミングで地域に飛びこむのかわからない。

 60歳までにやりたいことは終えていたい。

生き急いでいると言われることがあるけど、いつ自分が死ぬなんてわからない。
明日、交通事故でなくなってしまうかもしれない。
そう思ったら、毎日がいとおしく思える。
人生充実してそうじゃないですか?

そうやって、これからも生きていこう。

0 件のコメント:

コメントを投稿