2012年5月6日日曜日

怒濤のGW

世間一般にとっては、楽しいGW
 ERにとっては、魔のGW
 
なんとか無事に、過ごせそうです。1日からずっと勤務していますが、やはり4、5日は250人近い患者様が救急部を受診されました。
 
 研修医も含めて、日中を10人体制で組むことでなんとか無事に乗り越えられそうです。
待ち時間もなんとか1時間30分程度ですんだかな。

 つらい状態できて、1時間30分も待つなんて…

って思われる方はたくさんいるでしょう。
でも、これが、現状です。世の中の大半の病院、クリニックは、GW中、閉まっています。
そらそうでしょう。人間ですから。休みたいのは同じ。

 その分、24時間365日対応する病院には、患者さんが集中する。重症な患者さんほど、的確に早く診察しなければならない。軽症な患者さんほど、待ち時間が長くなる。

 僕たちもなんとか応えようとがんばってはいるものの、この時期は研修医の先生方もまだ医師になって2ヶ月目の医師もいるわけで。指導にも時間がかかる・・・これは毎年のことだから仕方がないけども、大変です。

 臨床と教育。

患者さんの害にもならないように。

 とにかく、明日の深夜までは少しお休みをいただきます・・・

世の中はこどもの日ですよ☆

0 件のコメント:

コメントを投稿