2011年7月2日土曜日

死生観

死生観。

ERで勤務する僕たちは、よく人の最期に立ち会わせて頂いています。

人によって、土地によって価値観はそれぞれです。突然死の場合は、病院に搬送されますが、癌や、老衰の場合、最期の時をどこで迎えるかこれも、本人、家族が選択できる。

地域医療ではこの「選択」も医療者の仕事じゃないかと考えます。みんなが一番納得できる場所で、納得できる形で、納得できるタイミングで。

よく思うのです。僕たちはいつも、主人公ではなく脇役なのだと。患者様の最期の舞台に必ずいるのだけれども、それは、主人公をきわだたせるためのもの。

これからも、そうでありたいです。

亀田総合病院へご挨拶

昨日、 亀田総合病院 救急部 へご挨拶に伺いました。 当院の医療圏には3次医療機関がないため、重症患者さんが来院された場合には、隣の医療圏にある亀田総合病院へ転院搬送を行うことが多いです。  救急車で20-25分 北海道松前時代に比べると全然楽です。函館の3次医療機関...